« ペルソナ4 第19話 | トップページ | 男子高校生の日常 第7話 »

2012年2月21日 (火)

夏目友人帳 肆 第8話 

え、初っ端から眼鏡っ娘が全力疾走!?なんか、別のアニメみたいですねwww森の奥、開けた場所に陣が描かれており、呪文を唱えますが、失敗のようですね(;;;´Д`)ふっ飛ばされてしまいます。妖怪達が集まってきて、夏目レイコの噂話を始めましたよ。この頃から有名なのですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

さて、現代。夏目が羽のついた妖怪に突然さらわれましたよwwwニャンコ先生、役立たずwwwどうやら、夏目レイコと友人帳に用があるようですね!

レイコさんではないと伝えると、妖怪は手を離してしまいます。で、落下するも夏目だけは助けてくれたのですがニャンコ先生はそのまま地面へ落ちてしまいますwwwこれ、まったく危機感がないよねwwニャンコ先生なら大丈夫でしょ見たいな?ww

友人帳である妖怪を呼び出してほしい、と玉石に封じられているらしいのですが、え!?森に落としたwww?

で、とりあえず、ニャンコ先生は下から夏目を追うことにしたのですが、森の開けた場所に井戸を見つけます。先生がつまずいた!?罠、ですか。縛ってあった縄を解くと、井戸の中へと吸い込まれ行きました。

もう、わかってたけど、覗いたら落ちましたwww井戸の底が妙に綺麗ですね!どうやら、結界が張ってあるらしく、およ?七瀬さん登場です。出られなくなったのはニャンコ先生のせいらしい。あーなるほどwww

七瀬さんの昔語り始まり始まり~。

払い屋の家系に生まれたのですね、七瀬さんは。

夏目レイコの話を聞くために羽の妖怪を捕まえました(゚▽゚*)足に紐くっつけて、風船みたいですねwwwバスに乗ってレイコさんを探しに行くことにしたわけですが、なんか目撃情報のレイコさん、違くないですか??「ごつごつして厳つい、目つきの鋭い危険な奴」ってww

七瀬さんが森を歩いていると、後ろから妖怪が∑q|゚Д゚|pまだまだ未熟なので、対処できないようです!!しかし、助けてくれた人がいました。

ミカゲさんと言うらしい払い屋は傷に効く薬草をくれましたo(*^▽^*)o優しい人ですね。七瀬さんも色々話を聞きたいようで、また会う約束をしました。

さてさて、数日後、ミカゲさんがレイコさんと対決をして負けたという話を羽の妖怪に聞きます。すっかり、ミカゲさんを慕ってるようでね(*^m^)

どうやら、ミカゲさんは人間の式、つまり妖怪らしいです。元は翡翠の石だったのだそう。彼の主は死んでしまい、主をうしなったミカゲさんは、マガマガしい妖怪になりつつあるらしいっす。主の命令なのですね、妖怪を封じろって。命令を取り消さないまま、なくなったから、守り続けているのですか( ̄Д ̄;;妖怪を封じるたびに体が蝕まれていくようで(;´Д`A ```その影響なのですね…… 

で、七瀬さんに封じてくれ、と。レイコさんに頼んで断られたのですか!ああ、断りそうww

決心して、ミカゲさんを封じた七瀬さんはそれから妖怪を封じることをためらわなくなったのだそうです。「妖怪なんて全部払うべきだと思う」「他の誰にも見えないのに、私にだけ見えるなんて!」夏目とは少し違うけど、悩んだんですね(´・ω・`)

ニャンコ先生とともに脱出した七瀬さん。完全に私用でここに来たのでしょう。的場一門と関係なく。ミカゲさんに、会いに(*^.^*)

一方、夏目は羽の妖怪と玉石を探しだし、なんとミカゲさんと会うことができました!名前を返すと、ミカゲさんが現れます。透けてます。「レイコの孫よ、ありがとう。私を封じてくれた者にも礼を言いたい」うっそ、消えるの!?七瀬さんに会わないんだ!?せめて一瞬だけでも(;д;)うわ、ちょっと切ないな、これ……

羽の妖怪はお礼を言って、去って行きました(ノ_-。)ほっこり、ですね。嫌な印象があった七瀬さんですが、ちょっと過去話で共感できました。でも、なぜ、オリジナルに七瀬さん話なのでしょう??人気あるのかな?

ともあれ、次は原作の名取さんが出てくる話ですね!てか、恐らく名取さん視点かなwww

今日は疲れてるので、感想が雑になりました~( ̄Д ̄;;

« ペルソナ4 第19話 | トップページ | 男子高校生の日常 第7話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆 第8話 :

« ペルソナ4 第19話 | トップページ | 男子高校生の日常 第7話 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック