« ペルソナ4 第21話 | トップページ | 男子高校生の日常 第9話  »

2012年3月 6日 (火)

夏目友人帳 肆 第10話

月分祭後篇!

おお、間一髪のところで夏目が目を覚ましましたね(^-^;セーフ!

しかし、人の子の匂いがすると言って、疑われてしまいます。さすがに面を外したらバレますよね~。しかし、そこへ飛んできた斑と名取さんに救われ、空へ(◎´∀`)ノ無事脱出です!

人の子が妖怪を使役できるのか?「やはり、あれは豊月様!」「いや、人の子の匂いがしたのは事実」うーん。やばいですね、こりゃ。そこへ不月が登場。あれ?男性のようです。

さてさて、夏目、肩にケガをしたようです。それでも柊の心配をしてますよ(゚ー゚;「どこかで休ませれば、目を覚ます」名取さん、もっと妖怪だから心配ない的なことをいうかと思ったのですが、やはり柊が心配なのでしょうか( ̄▽ ̄)

川を流された時に気配を感じたらしい夏目は、斑とともにそこへ向かうことに。

名取さんと柊は、館に戻ってきたわけですが、そこにいた豊月神の手下の白笠を被った妖怪に問います。「さて、夏目がいなところで一つ確認したいんだが、豊月様は本当に封印されたのか?」その質問に言葉を濁す、白笠。「本当はもう、豊月はいなくなったんじゃないか?」人のいい夏目を利用して、何か企んでるのではないかと。確かに土壇場になって、頼んできたのはおかしいかもですね( ̄Д ̄;;

しかし、どうやら、違ったようです。三年ほど前、払い人によって、石の中に封じられた豊月様。その人間は払い人の中でも下級で封じた力は弱く、豊月様が自分で破れないはずはない。人間達の信仰心も薄れ、力も弱まり、退屈な日々を送っていた豊月様はそのままお休みになったのだろう、と考えたらしいです。楽しい祭りが始まる頃には姿を現してくれるはずだと、白笠達は待ってしまったらしいです。思い込みってやつですね(A;´・ω・)アセアセ

「あなたの言うとおり、豊月様はとっくに封印を破られて、この地を去ってしまったのかもしれない」「仮に仕えようと心に決めた主なら、主を信じろ」柊の言葉が熱いですね。対して、名取さんは少し複雑そうでした(^-^;

夏目と合流する名取さん。岩場にあるんですか??川の底には落ちてないって。ほんとに、夏目は力が強いんですね~。「払い人にとっては、さぞかし金の成る木に見えるのだろうな」ニャンコ先生がまた挑発してるwww「ああ、優秀な助手がほしくてたまらない。でも、大切な友人もなくしたくないんだ」本音、ですね。

ようやく、岩壁の突起のところに封じられた石を見つけますが、人が降りられるような場所じゃないっすね。と、覗きこんでいた夏目は例の獣に顔を舐められるwwww柊のお守りでなんとか、逃げることができましたが、近づけなくなってしまいました( ̄Д ̄;;

「名案があるぞ。私があれを喰らい、首を持って帰るのだ。皆、ひれ伏すぞー?」よだれが垂れてますよ、先生www「駄目だろ、そんな神様。ドン引かれるぞ」確かにwwwwwナイス突っ込み!

名取さんの協力で、獣を封印することができました!夏目、このまま払い屋になっても問題なさそうですねwww

不月神の手下達を足止めをする名取さん。夏目はぼろぼろになりながらも獣を持っていき、一応豊月神の勝利ということにヽ(´▽`)/

しかし、不月神に仮面を飛ばされ、人間だとばらされてしまいます。ここの夏目、堂々としていて格好いいです。「豊月はどうした?」と。心配しているようです。やっぱり、敵対してても、仲が悪いわけではないのですね(゚▽゚*)

豊月の記憶。人間達の小さな月分祭。なんだかほんわかですねー(* ̄ー ̄*)

隣に現れた、豊月神。弱い封印も破れないほど、力はかなり弱まってしまっているようです。そこへ現れた不月神「祭りは終いか?」「ああ、終いだ」「ならば我らがこの山を訪れる理由はない、ここで朽ちるのも勝手だが、ともに行かぬか?豊月」「不月…」

一緒に旅に出るってことですかね(*^-^)

目を覚ました夏目が見たものは、豊月神達一行が旅立って行くところでした。人魂みたいな光が夕暮れの空へ…。夜だったら綺麗でしょうね(o^-^o)

「ありがとう、名取さん。オレだけじゃきっとかなわなかった」名取さんもかなりいい人ですよね(*^-^)

数日間、寝込んだらしい夏目。ニャンコ先生が布団の上でネチネチ嫌味をってwwww「まったくもう、お前というやつはつまらんことに、首を突っ込んで、挙句の果てに熱がでただと?」「先生…重い…」「うるさい」このやりとり、なんか好きですwww

柊と夏目。神払いをせずにあの事態を治めたことで名取さんの評判が上がったらしいヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 抜け目ないというかwww

女性をいっぱい引き連れてやってくる名取さんにちょっと笑ったwww普段、飄々としているのですよね。だから、名取さんが驚いたり困ったり真剣になったりすると、魅力的に見えてしまうwww男キャラにもギャップがあるのか!?(女の子にとったら当然っすよねww)

いい話でしたね~。夏目が関わったことで、妖怪達のこれからが変わったお話でした!

来週のは、原作にありますね。夏目の過去に関わる話でしょう。楽しみです!

« ペルソナ4 第21話 | トップページ | 男子高校生の日常 第9話  »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆 第10話:

« ペルソナ4 第21話 | トップページ | 男子高校生の日常 第9話  »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック